© 2013 bebe

みどりのゆびと そらいろのサバさん そして、わたしのぷらてーろ

もう!庭がすごいことになってます!

きっとみなさんのとこもそうかなぁ。。。

先日、お手紙みたいなメールをいただいて、そのなかに「横浜はツツジがきれいです」とあって。もうそのことばで、わたしのあたまの横浜は綺麗なアザレアのあかに染まっています。ほんとうに5月はめぐみのみどりのきせつだ、とおもいます。

まりあこの庭(つうか、ちいちゃいベランダです、、、)には、みどりがしたたるように溢れ、満ち、咲きみだれています。

ミモザ(まだぜんぜん咲かなくて、背ぇも三歳のこどもくらいのたかさ。だけど、みどりがさらさら言う。うつくしい!)、ブルーベリー(これはまさに花盛り!)、薔薇たち、すみれ、ジャスミン、あじさい、檸檬、オレンジ、あぁ、もうほんとに!

ゆみちゃんにいただいたレモンバームの種も蒔いて、そうしたら、あっという間にちいちゃい可愛い芽が出てきて、うれしくなりました。芽生えってこころたかなります。

(蛇足だけど、おなじ種を大分在住のお客さまにいぜんお分けしたら、もうすくすくおおきく育っているそう。九州のみどりは、このへんのうみべのみどりより、きっともっと骨太ですね)

みどりのゆび(園芸がじょうずなひとのこと)とよく言うけど、わたしのみどりのゆびは、5月限定だ、とよくおもいます。5月には、土仕事がどんどんしたくなるし、5月に蒔いた種や草花はほんとうにおどろくほど、すくすくのびやかです。そして、うつくしい。

あぁ、ひとつすきな5月の詩をよませてね。

ウンベルト サバさんというひとの、5月のあおい晴れた空をおもいだす、すてきなことばたち。

鞄を手にもった、ぼくの娘は、

そらいろのおおきな目をして、

かるい夏服を着て、

パパちゃん、という。

今日はいっしょにおでかけしたいの

この詩はまだちょっと先がながいのですが、わたしは、このふうけいをおもいうかべるとき、いつも、あぁ5月!とおもってしまうのです。

イタリアの詩人サバさんのおはなしもまたしましょう。5月のみどりにいつもおもいだすスペインのだいすきな「プラテーロ」のおはなしもまた。

あ、蛇足ついで。

先日、3月1日のこのおしゃべりコーナーのなかで、わたし、「とらいろの」と書いています。あとで読み返して、、「とらいろ?」とおもった、じぶんで。「ちびくろさんぼの、ほっとけーきみたいな色かしらん?」なんてじぶんで色々考えた。

そらいろ

なんですね~すみません!笑

そらいろがほんとうにうつくしいきせつ。みどりのうみべに遊びにおいで。

4月28日の会にもぜひ。

あなたにあえるの待ってるね。
aa

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Ads by Sitemix